被扶養者資格確認調査(検認)

被扶養者となっている方が、現在も「被扶養者」としての「認定の基準」を満たしているかを確認するための調査です。

これは、健康保険法施行規則第50条及び厚生労働省保険局長通知「被保険者証の検認については、保険給付適正化の観点から毎年実施すること」などに基づき行うもので、扶養に該当しなくなった家族を扶養のままにしてしまうと、医療費の保険給付や納付金の余分な支出につながり、健保組合の財政に大きな影響を与えることになります。

当健康保険組合もこの「資格確認調査」を、毎年時期を決めて実施いたします。実施に当たっては、扶養確認調書や収入を証明する書類など、関連する必要書類を提出いただくことになりますが、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。