特定保健指導

特定保健指導について

「特定保健指導」とは?

「高齢者の医療の確保に関する法律」により、2008年4月から健康保険組合に義務化された制度で、40歳以上の健康保険加入者を対象に、脳卒中・心筋梗塞・糖尿病等の疾病予防を目的に、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目して、保健師・管理栄養士などの専門職(相談員)が生活習慣改善のお手伝いするプログラムです。

対象となった方は、「将来、生活習慣病発症のリスクが高い」と判断された方です。
生活習慣改善の必要性が高い方でも、殆どの方は自覚症状が無いため、生活習慣改善の必要性を感じないかも知れませんが、「生活習慣病を発症させないための良い機会」とご理解いただき必ずご参加下さい。
参加費用:健保組合が全額負担しますので、自己負担はありません。

対象となる基準