データヘルス計画

データヘルス計画とは、国の成長戦略として医療情報(レセプト)や健診結果の情報等のデータ分析に基づき、PDCAサイクルで効率的・効果的な保健事業を実施する取り組みで、平成27年度からすべての健康保険組合に実施が義務付けられています。平成30年度は第2期データヘルス計画の開始年度で、当組合でも6ヵ年の計画書を策定し、健康診査等に加え、多様な疾病予防、重症化予防などの保健事業に取り組んでいます。

データヘルス計画書は、保健事業の棚卸し、計画と実績の分析を行いPDCAサイクルで毎年見直されます。保健事業の投資対効果、加入者(被保険者と被扶養者)の医療情報の分析、健診結果情報などの健康情報よりリスクを分析し、当組合の健康課題を抽出します。第2期は、平成30年度から令和5年度までの6年間の実施計画となっています。