各種健診のご案内

項目 詳細
生活習慣病予防健診
(特定健康診査)
【集団・個人健診】
→詳細はこちら

【対象】①35歳以上の被保険者
②35歳以上の被扶養者

【内容】生活習慣病予防のためのメタボリックシンドロームに着目した健診

【費用】健保補助額:21,000円を限度として実費を補助
本人負担額:8,000円(+29,000円を超過した額)

人間ドック
→詳細はこちら

【対象】①35歳以上の被保険者
②35歳以上の被扶養者

【費用】健保補助額:30,000円を限度として実費を補助
本人負担額:20,000円(+50,000円を超過した額)

家族健診
(巡回・施設健診)
→詳細はこちら

【対象】①被扶養配偶者(全員)
②35歳以上の被扶養者
③35歳以上の任意継続の被保険者

【内容】公共施設を会場に実施する出張(巡回)健診、または指定医療機関での施設健診

【費用】全額健保負担(自己負担による項目追加可能)

【委託先】(一財)産業保健研究財団

婦人科検診
→詳細はこちら

【対象】①女性の被保険者(全員)
②女性の35歳以上の被扶養者

【内容】子宮がんおよび乳がん検診
※婦人科検診と婦人科郵送検診はどちらかを年に1回補助

【費用】健保補助額:8,000円を限度として実費を補助

婦人科郵送検診
→詳細はこちら

【対象】女性の15歳以上の被扶養者

【内容】子宮がん自己採取、乳がん自己触診グローブ
家族健診で子宮がん検査を申込みされた場合は申込みできません
※検査機関:(株)アイ・ラボCytoSTD研究所
※婦人科検診と婦人科郵送検診はどちらかを年に1回補助

【費用】費用:全額健保負担
(検体未提出の場合は検査キット代は本人負担)

歯科健診
(事業所単位)

【対象】被保険者(希望者)

【内容】3年に1回、事業所単位で実施
詳細は事業所(会社)の健保担当者にお問い合わせください

【費用】全額健保負担

保健師による健診事後フォローアップ

【対象】健診受診者

【内容】健診結果票から二次検査(精密検査)及び重症化予防が必要な被保険者を階層化し事業所へ連絡
高リスク者には直接本人に電話・メール・手紙等で受診 勧奨や治療状況の確認を行う
(事業所からの要請に応じて行なう健康相談費用は事業所負担)

【委託先】(医)同友会

特定保健指導
→詳細はこちら

【対象】特定健康診査の結果、生活習慣病の発症リスクが高いとされた被保険者・被扶養者

【費用】健保補助額:無料実施

【委託先】(株)ベネフィットワン
(株)SOMPOヘルスサポート
(一財)産業保健研究財団

二次検査
(精密検査)

【内容】2019年度より保険診療扱いとなりました

申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。